Link :WordPress Blog (新しく製作してるブログ)

【最新】
---------------------------------→

人は何時間、歩けるのか?

時間が在ると外出先をgoogle mapで探してたりします。山とか海をみてるのですが、夏休みでも空いている場所を考えたりしてます。偶然マップの路線検索で「徒歩の距離」を計算したところ、87.5kmで16時間と出ました。

 

距離は短くしても、私は16時間を歩くことが出来るのか?

 

12時間でさえ、朝の9時発ー夜21時着。よく考えてるのが、移動でバスやケーブルカーを節約して歩くこと。片道6時間の壁ですね。今現在は、これの半分の力です。12時間の徒歩+片道2時間で、計16時間は起きてる想定かな。

 

これ何がしたいかと言うと、ある程度の範囲が動けるなら、日帰りで広範囲を旅できる。どこ行っても混んでるので、地味に歩くとしようか!安ければ、バスも併用しますね。できるだけ楽に安く、そして楽しく安全に行きたいです。

 

2017.8.6

 

 

 

40代の体力の衰え

こんにちは

 

ようこそお越しくださいました。8月になりましたね!外でスポーツじゃないけれど、運動をするようになって感じたのが「体力の衰え」です。

 

年齢が重なると仕方の無い部分もあるでしょう。歩きで移動している時は、そこまで分からなかった。一番感じたのが、山に登った時ですね。数年ぶりに登ったときに体が重い。

 

路上にある歩道橋なんかも、気にしていなかったけれど、階段は嫌だった。これが登山やスポーツなどの運動をしていくと、楽になります。逆に「登山の練習に良いではないか!」と思うぐらいになってます。

 

登山からミニクルーザー(スケボーもどき)と少しかじったのですが、普段使っていない筋力が明らかに多い。前段階にスポーツジムに行ったのが良かったかも!?

 

この「体力の衰え」に気がついて良かったと思います。もうひとつ良かったのが「趣味や興味が増える」という側面です。

 

”山に登る→リュックや靴などアイテムが気になる→お店で拝見→ボードもいいな?”、という感じで、関連しているものが連鎖的に趣味を増やしていく。更には、お店でアウトドア製品を細かく見ていると楽しい。

 

「体力の衰え」を克服することもそうなんだけれど、自身の成長や衰退の足止めになっている。年齢的にも「体力の衰え」を気にしながら生きていくことが重要だと思いました。運動系は「このままで良いのだろうか?」と感じることが無いです。これは大きい要素になります。

 

2017.8.1

今後の予定

こんにちは、ご閲覧ありがとうございます。

 

早いもので7月も終わります。8月は「夏休み」も重なるので、あまり混まない場所へ行きたいと思ってます。この前少し吉祥寺まで歩いたのですが、夜に散歩も涼しくて良かった。

 

また、オフ会じゃないけれど、一緒に誰かと過ごすのもありかもしれませんね。あちこち行っていて思うのが、「こんな所でオフしたら楽しいかも?」というのが浮かびます。多摩川の支流でビール飲むだけでも面白いかもって感じですね。備長炭と鉄板を持っていけば、バーベキューもできるかなとか・・・。

 

その他は、仕事(収入)面のことになりますが、これも「遊び」が楽しすぎて時間が無い(笑)行きたいこと、したいことが増えています。スケジュール調節して、計画的に”ブログの日”、”実労働の日”、”遊びの日”と分けて行きたいですね。

 

今の時期は、セドリやメルカリの収穫時期なので、本当は力を入れてもいい。単発的な収益はそこまで必要ないのでスルーしています。会社設立関係も、なかなかイメージ的にマッチしないので置いといています。資金も無いから、集客して集めるとか工夫もあるのですが、根本的な道のりが考えつかないですね。

 

”楽しいこと”って考えて、それをして過ごしていく重要性があるので、興味のあることを中心にしています。それと月々に発生する費用とのバランスですね。

 

2017.7.29

 

 

 

40代の人生設計

私が人生を考えるときに、大きく分けて、「現状維持」「将来設計」の2つがあるように思えます。

 

1)将来設計

 

”将来設計”も千差万別に方向性や考え方があります。難しいところは、本当に20年後を考えるときに「何が起こるか分からない」ということです。貯金をためて20年後や老後も大丈夫と「仮に備え」ていても、先が見えない部分があります。

 

続きを読む >>

望みが叶う夢・・・。

それは”悪夢”、”幸福な妄想”と分けるか困難だった。思い出しても分類できない夢です。

 

 

暖かい日差しの中で観ていた夢は、とても達成感を超えて完璧でした。すべての自分の望みが叶った世界。「望みが叶う」と思った。その世界の中で存在している私が幸福であり満足していた。

 

その現実も「暖かい日差し」の中で居眠りをしているのですが、時間を何故か気になった!すると、自分は目が覚めリアルの部屋に一転します。

 

しかし悪夢でもない。何か”FATE”に登場するアーサーペンドラゴンが英国を良き世界に造るのですが、聖杯戦争に呼ばれて今を生きるような感覚です。

 

どこか自分の中で「絶対無理な領域」があって、たとえば年齢的に、”孫の孫の顔をみる”という遺伝子の中に眠る意識(願望)が不可能だと推測しているようなこと。夢がそれを叶えてしまったという点です。

 

幸い時間が存在しない訳ではないので、「約束された勝利の剣」を抜くこともできると思います。それに「別の者が幸福を運んできてくれる可能性」も忘れてはいけないでしょう。またね!

 

2017.5.20