Link :WordPress Blog (新しく製作してるブログ)

【最新】
---------------------------------→

御岳山と多摩川支流

海の日の2017年7月17日(月)、私は昼から向かいます。今回は重装備で挑みました。テント1.4kg、水筒1kgなど計5kgは出発時にあります。背負ってしまえば差ほど重さは気にならないとも思えます。

 

 

 

 

続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセスは、始めにJR青梅線の「御嶽(みたけ)駅」に行きました。東京の神田から1時間40分ぐらいの所で、途中のJR青梅駅で「奥多摩行き」に乗り換えます。

 

【JR神田駅ーJR青梅駅ーJR御嶽駅ー御岳駅(バス)−滝本駅(バス)−滝本駅(ケーブルカー)ー御嶽山駅(ケーブルカー)】

 

”滝本ー御岳山”の間にはケーブルカーがあり、まずはその滝本まで歩きます。JR御岳駅から簡単に行くにはバスも280円であります。2.6kmの距離なので徒歩で行けます。ただ、国道沿いなので車に注意が必要です。1段高い歩行者用の道路がギリギリあるので多少は安心です。景色を見ながら、散策しながらの移動で歩きました。

 

ケーブルカー駅の滝本に付くと、少し休憩をします。ここは自販機とトイレがありますね。滝本駅の向かいに「神社の鳥居」があるので、そこから徒歩でも行けます。私はここからケーブルカーを使わず、上に行きました。

 

約2.8kmぐらいのアスファルトの道です。風景は山の森といった感じです。ケーブルカーが10分の距離だから近いと思うと、そうでもなく長いです。曲がり曲がった道のりでした。私は地味に休憩しながら行きます。猛暑だったのか、水筒の水の半分を飲んでしまいます。

 

「御岳平」に着くと休憩します。コーヒー牛乳を飲みました。美味かった!この辺で地図を確認したり、オニギリを食べたり過ごします。コンビニで買ったチキンも食べた。

 

ルート的には多くあり、「大塚山コース」「日の出山コース」「ロックガーデンコース」「御岳山コース」とあり、かなり多くコースがあります。長いので9kmから13kmとかもありました。

 

私的には「御岳平」付近を計1時間ぐらい歩いて戻ります。下山も徒歩でゆっくりと歩きました。ここでやや時間的に遅くなってきたので、滝本からバスでJR御岳駅へ行きます。(280円)JR御岳付近から、多摩川支流へと行く。

 

向かったのは「多摩川支流」ですね。ここで移動したり、テント張って遊んだり、川に足つけて石の上で座ったりしました。2時間ぐらい居ました。つり人も多く、おそらくハヤがいるのだと思います。ブルーギルもいるのかもしれない。水辺には魚の稚魚が多くいたよ。

 

時間的に回れなかったので、再度計画して、「多摩川支流」「御岳山登山」と分けて行きたいですね。”金比羅尾根→武蔵五日市駅(9km)”のここが面白そう。

 

2017.7.17

スポンサーサイト

コメント