Link :WordPress Blog (新しく製作してるブログ)

【最新】
---------------------------------→

望みが叶う夢・・・。

それは”悪夢”、”幸福な妄想”と分けるか困難だった。思い出しても分類できない夢です。

 

 

暖かい日差しの中で観ていた夢は、とても達成感を超えて完璧でした。すべての自分の望みが叶った世界。「望みが叶う」と思った。その世界の中で存在している私が幸福であり満足していた。

 

その現実も「暖かい日差し」の中で居眠りをしているのですが、時間を何故か気になった!すると、自分は目が覚めリアルの部屋に一転します。

 

しかし悪夢でもない。何か”FATE”に登場するアーサーペンドラゴンが英国を良き世界に造るのですが、聖杯戦争に呼ばれて今を生きるような感覚です。

 

どこか自分の中で「絶対無理な領域」があって、たとえば年齢的に、”孫の孫の顔をみる”という遺伝子の中に眠る意識(願望)が不可能だと推測しているようなこと。夢がそれを叶えてしまったという点です。

 

幸い時間が存在しない訳ではないので、「約束された勝利の剣」を抜くこともできると思います。それに「別の者が幸福を運んできてくれる可能性」も忘れてはいけないでしょう。またね!

 

2017.5.20

 

スポンサーサイト

コメント