Link :WordPress Blog (新しく製作してるブログ)

【最新】
---------------------------------→

爽やかなバカルディ・モヒート

こんにちは

 

南米キューバのバハマが発祥とされるお酒です。「バカルディ・モヒート」は商標。暑い季節がやってきた!夏だから飲みたくなるようなモノは多いです。モヒートは美味しいですよ。

 

 

 

 

写真(上)は市販のタイプの製品ですが、自分で作ることもできます。

 

【モヒート - 材料】

ラム --- 40ml
ライム --- 30ml
ミント ---  少々
砂糖 --- スプーン2杯
炭酸水 --- 適量

 

基本はライムジュースにお酒(ラム)を加えたカクテルです。ご自分で行う場合は初めにライムジュースを作ります。適量の炭酸水にライムを搾って入れ、そこに砂糖を入れます。フレバー(香り)としてローズマリーを入れたりして楽しむことも多いようです。

 

美味しさのポイントは、砂糖を完全に混ぜ合わせないことです。これは飲み始めと飲み終わりの味の変化を楽しむためです。氷を入れて飲むんですが、氷が溶けても甘い味が残るという構造です。ここでジュースを完成させて、ラム(酒)を加えて更に見栄えを気にしながらミントを入れます。ミントは少し砕くと香りに深みが出ます!

 

地域によっては塩分が必要でソルト(塩)を少々加えるところもあると聞きました。

 

写真のモヒートは市販の小瓶に詰められた飲料で甘い雰囲気のカクテルでした。カクテルは”ラム”、”ジン”、”ウォッカ”をベースとした組み合わせが多いですね!

 

生のライムやグレープフルーツを搾って、炭酸水にしたオリジナルのドリンクも美味しいです。お酒が飲めない方や年齢層も含めて楽しめます。こだわると楽しいですよ。

 

2017.5.22

 

 

食事の影響は大きいサラダ

前日に「レタス・タマネギ・生姜のサラダ」を食べたんです。植物繊維を取ろうと思った。サラダの中身は、タマネギのスライスが半分にレタス、そして生姜の千切りです。通常はレタス8割に他2割ぐらいだと思います。

 

血液サラサラ効果や疲労回復効果が実感できました!食事の影響は大きいですね。朝起きて、「少し違うな?いいぞ!」と思いました。ベジタリアンになる気はないけれど、野菜も大事ですね!

 

【材料2人分】
レタス --- 1つ
タマネギ --- 1個、もしくは1個半
生姜(ショウガ) --- 30g〜40g (1/4個程度)
塩こしょう --- 適量
サラダ油 --- 少量
醤油 --- 小さじ3杯

お酢 --- 20cc程度

 

シンプルに”醤油ドレッシング”を作ります。かける量に応じて分量が異なります。目安としては、お酢が全体の8割に対して醤油が2割ぐらいです。そこにサラダ油をスプーン1杯程度入れます。(少々多めに作って保存も利きます)

 

下味としてタマネギをスライス切にした後、冷水に15分程度浸します。その後、塩少々、コショウをかけます。それに千切りにした生姜とレタスを混ぜ合わせて完成です。その他、お好きな野菜トマトなどを入れると色鮮やかなサラダとなります。

 

これは2人分としてますが、ボール2個ぐらいの分量がございます。ボリュームのあるサラダといえる感じです!私の食べたサラダはタマネギをもう少し多めに設定してあります。

 

2017.5.21

 

ダービー木村カエラさんファンファーレ

競馬のダービーで歌手の木村カエラさんが、ファンファーレで来そう?CMで流れていたので、もしかしたら・・・。

 

 

30秒ぐらい出演しそうな感じに期待してます!芸能人がCM以外に来たことあるかな!?稀にラジオを聴いてるので少しファンです。

 

2017.5.20 (4)

孤独や独りは不幸ではない

こんばんは

 

孤独になって誰とも話すことがない。そうなってくると、「孤独は辛い」と思えてくるのでしょう。今回、心に浮かんだのが孤独は確かに厳しい側面もあるかもしれないです。そこで考察してみます!人の環境によって異なるとは思いますが、学生時代や会社の同僚などのように、「人と接しなければならない局面」も悩みが多く、対処を考えてしまうことがあります。

 

不思議なことに、”家族は必要ですが毎日一緒は精神的ストレスがある。”というのは多いです。

 

それは好き嫌いの分野でなくて、「自分の時間を持ちたい」という開放感のような状態も大切という意味です。ここで表したいのが「ぼっち(孤独)」は苦しいということから、自分の時間を持て開放的な空間であるということに気づきました。

 

生活から来る動揺や不安・弱気はあるかと思いますが、もっと逆説的に「自由だ」と感じる方向性を導くことも有益だと思います。特に他人に当てるメッセージではなくて、自分の中で感じたことです。

 

「独りは寂しい?」

 

むしろ、”楽しむ時間”に友人や家族は必要ですが、ケースバイケースに思います。「自分の時間を持てて、楽しい!」と思うことがメリットに繋がります。複数でわいわいと過ごす時間も重要なのは否定できませんし必要です。個人の感覚が左右する部分が大きいとは思います。

 

より充実した生活を考えてみると、自我枯渇(Ego depletion)のように強いセルフコントロールにて克服できるといいます。不幸を感じない生活を意識することも可能だと言えそうです。

 

”笑う門には福来り”とは、このことなのでしょう!

 

2017.5.20 (3)

 

 

 

 

クラウドソーシングによる向上戦略

クラウドソーシング(不特定多数を対象とした業務委託や寄付の募集などを目指すプロセス)

 

一般的なクラウドソーシングの案件では、「プロジェクト形式」「タスク形式」「コンペ形式」があります。

 

  • プロジェクト(計画)を立てて、受注発注者が報酬などを交渉し、基幹プロジェクトを進めていく。
  • タスク形式は、アンケートなどの簡単な作業を多数から応募し、分散して行う。
  • コンペ形式は、初めにデザインやアイディアを提言して、それを報酬をつけて第三者が採用する。

 

インターネットを使用して、活動資金などを調達することもできます。基本は外部委託(アウトソーシング)する形式で、通常の企業ではプロジェクトを立案し社内で進行をしていくか、もしくは子会社や営業先に持ち込む。それを外部委託するのが異なるところです。

 

私が思ったのが、「何か始める」というテーマを考えていくと、6年後に閉鎖しなければならないなど不安要素の問題です。これを解決するのには、資金力であって運転資金とは別の資本力にあると感じます。

 

そこで目に付いたのが、「クラウドソーシング」という手法です。いわゆる「天運任せはできない」と考え、”それではどうするか?”の延長になります。私はビジネスモデルを構築するところから考えていきます。

 

構想的には、”何をするのか?”、”具体的な計画”を持つ段階ではない。いくつかヒントは探しております!少しずつ公開していきたいと思います。

 

 

総務省 - クラウドソーシング関連

ttp://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141240.html

 

2017.5.20 (2)

 

 

望みが叶う夢・・・。

それは”悪夢”、”幸福な妄想”と分けるか困難だった。思い出しても分類できない夢です。

 

 

暖かい日差しの中で観ていた夢は、とても達成感を超えて完璧でした。すべての自分の望みが叶った世界。「望みが叶う」と思った。その世界の中で存在している私が幸福であり満足していた。

 

その現実も「暖かい日差し」の中で居眠りをしているのですが、時間を何故か気になった!すると、自分は目が覚めリアルの部屋に一転します。

 

しかし悪夢でもない。何か”FATE”に登場するアーサーペンドラゴンが英国を良き世界に造るのですが、聖杯戦争に呼ばれて今を生きるような感覚です。

 

どこか自分の中で「絶対無理な領域」があって、たとえば年齢的に、”孫の孫の顔をみる”という遺伝子の中に眠る意識(願望)が不可能だと推測しているようなこと。夢がそれを叶えてしまったという点です。

 

幸い時間が存在しない訳ではないので、「約束された勝利の剣」を抜くこともできると思います。それに「別の者が幸福を運んできてくれる可能性」も忘れてはいけないでしょう。またね!

 

2017.5.20

 

ジョブ セキュリティー( job security)

アメリカつながりでインターネットをしていると「job security」という語句がありました。

 

”雇用安定 - 仕事の確保”の意味です。

 

リストラという企業から辞職を言い渡される世界もあります。日米を比べて違いが大きい部分です。業績がマイナスポイント、リストラ数名を確実という流れでいきます。極端にいえば、日経平均が下がると「解雇通告される」ような意味合いです。一般的な経済状態でも影響を受けるという。

 

そのような地域もあるんだと感じます。そこで社会保障という内容に関連していきます。仕事を確保できない労働層に対して、どのように対応するかという問題です。

 

”雇用の受け皿”という必要に応じて、雇用される側の立場で考えて受け入れ先を用意する方法になります。大きくは公的な組織と民間団体とあるようです。

 

医療分野のニーズで介護する立場を増やそうというのは、これだと思います。私の時代によく言われていたのが”手に職”です!若者世代なら介護に携わると恐らく職務経歴に有利に運びます。

 

雇用・就職の関連が興味ある人も多いでしょう。

 

2017.5.19 (3)

 

 

 

 

 

ミシガン州のじいさんのブログ

先日ぐらいかな?ウェブサーフィンをしていました。

 

ミシガン州に住んでいるおじいさんのブログがあるんです。英語で毎日つづられているのですが、バスケットについて書かれている。むしろ、バスケットの試合しか書かれていないようでもあります。「NBA」とかそういうチームの試合動画が載っていたりするのですが、見ていて気持ち良い!

 

私も読ませて頂いて見てるうちに、バスケットの面白さを感じます!スリーポイントが入る場面を編集していたりして、「ぽーんと、ボールがゴールに入ります」

 

良い人生送ってるなと見習いたい部分です。スポーツいいですね。試合は毎日観ていても飽きない不思議さがありそうです。

 

2017.5.19 (2)

モラトリアム構造

こんにちは

 

子供が大人になる前に、準備期間として「猶予される時期(モラトリアム)」があります。

 

単語モラトリアムを調べてみると”延期する”、”先延ばし”の意味です。”学生が社会に出る”、準備期間や猶予される期間が存在します。成長過程で、その進むラインを切り替えるときに、どうしても時間的ラグ(延期)が生じます。

 

会社組織でいう研修期間のような部分です。この無駄な時間を「否定的に考えるのか、肯定的にみるのか」で差異が現れます。

 

今ある私の過ごす時間帯は、これに当たるように感じました。次の段階に繋げる方法として、「どうしたら良いのだろう?」という流れからの分析です。重要なのが先延ばしするという思考と違うところ。

 

共通の目的を有して、目的達成のための「組織」がポイントだと感じます。そこで共通の目的とは何かを考えると、私の場合は「意心地の良い空間」「将来性を見据えた経済活動」とその辺りです。”生きなければならない”というのが小さな課題としては存在します。

 

もう少し「プチビジネス」を考えて話し合える環境が欲しいと実感しました。

 

2017.5.19

 

幸せの声が響きます

今日は品川・渋谷と行って来ました。品川駅の構内にある「鳥麻」という、やきとり屋で4本だけ購入します。さすがに駅構内で食べることはできないので、カバンにしまいます。

 

都会の良い所を発見しました!

 

「皆さんの幸せの声が響きます。」

 

渋谷というか、通行人も含めて楽しそうに笑う声。それがもしかしたら、都会の魅力なのかもしれないと感じました。混雑している風景の中に、知らずに他人の深層心理のような「楽しさ」が響いているように思いました。

 

 

うーん。歩いているだけでも楽しい!

 

リラックスを含めて、待ち合わせの前に高層ビルに行きました。高いところというのも不思議に飽きることはありません。雨が降った後で、ちょうど太陽が照り付けます。自分の中では「良い空間」と思います。

 

あちこち行くと楽しいです!

 

2017.5.18 (3)

起業して6年

こんにちは

 

気になっていた企業(お店)があったんですが「6年後の今日」に閉店してます。”もしかしたら移転したのでは?”、と推測もしますが無さそう。

 

現在は会社を辞めて無職の私ですが、フリーランスで将来を見据えて考えています。

 

そこで以前から注目していたお店の様子をみています。6年という区間がキーポイントだと感じます。3年は資金力で補えるビジョン(将来性)は通常想定しているのでしょう。従業員数を抑えて、”守りの経営”は弱い部分もある。月の支出や経費を抑えて、従業員は自分もしくは2人程度では厳しいようです。

 

私が注目していたところは、推定で1000万ほど資金をかけて開業していると思われます。実際のところ経営者と面識がないので内面までは知りえません。リタイア生活におよぶ資金を獲得したということもありえます。

 

ここで6年という期間について考えてみます!「6年を生きる」という前提では安心して過ごせます。いまから6年後に「お金が無くなる」というケースでは不利に働きます。長期間、静穏であっても生きることが目標と言えます。

 

それでは、「守りの経営から攻めの経営」にしたら、どうなのでしょうか?

 

いわゆる多角経営や支店の増加です。資金面の苦労を乗り越えることができるならば、多店舗に増加して従業員数も拡大したプランが有力です。しかし、そこまで将来を見据えたプランを構築する術が私には無い。

 

従業員を抑えた”守りの経営”の良いポイントは、やはり実行可能な点になります。1日当たりの売り上げ計算で、将来設計が容易なところです。

 

本題としては、6年間のビジョンを超えることができるならば、20年は大丈夫と確信しています。しかし、孫子の天運のような要素も大きいです。天運まかせに行動するのは、私にとって負けと思えます。

 

「戦わずして勝つ!」これがありました。相手の10倍の勢力で包囲すればいい。つまり10倍の資金力を集めてから行えば負けないでしょう。

 

今後、どのように行動するかが鍵になります。私なりの課題を整理していきたいと思います!

 

2017.5.18 (2)

 

 

あなたはゴーヤが好きですか?

私はゴーヤを食べたことが無いかもしれません。沖縄料理で有名な”ゴーヤチャンプルー”も記憶にない。ウリ科のキュウリにデコボコがついた緑の野菜。

 

もしかすると1口ぐらいは食べた。(笑)ビターな(苦味のある)味だと聞きます!夏の暑さや食欲増進には良いようです。食べる機会が少ないというのが本当のところ。食べないけれど、調理はしたことあります(笑)

 

【材料2人分】

ゴーヤ --- 1本
木綿豆腐 --- 1丁もしくは1/2
豚バラ肉(薄切り) --- 120g
卵 --- 1個
塩こしょう --- 適量
サラダ油、ごま油 --- 小さじ1杯
醤油(あれば薄口) --- 小さじ少々

 

基本は上記のような具材。通常の炒め物と同様に仕上げるのですが、ゴーヤは冷水に少々冷やしてから絞る。サラダ油は一般家庭で使われますが、ココナッツオイルなどを使用すると風味が変化します。カシューナッツやアーモンドを荒く潰した粉を入れると美味しいです。

 

たぶん、味はホウレン草に鰹節をかけた「御浸し」に似ているようにも思います。食品というのは風土と気候、そして新鮮さが命だと感じます。沖縄で食べたら美味しいと評価される野菜かも?

 

ゴーヤ・ゴーヤ!

 

よく家庭菜園でキュウリやトマト・ゴーヤもありますね!今の時期から植えると夏には収穫できて節約なんてのはあります。

 

2017.5.18

孫子の兵法 - 故用兵之法

歴史の孫子です。プレジデントという雑誌の中に語句が含まれていたので書いてみます。

 

相手に対して十倍の力なら包囲する。
相手に対して五倍の力なら攻撃する。
相手に対して二倍の力なら分断する。
相手に対して互角の力なら最善を尽くす。
相手に対して劣勢の力なら退却します。

 

「孫子」は”戦わずして勝つ”にて有名で、フランスの皇帝ナポレオンも参考にしていたようです。確か百戦百勝するよりも、戦わず勝つほうが優れているという概念ですね。興味はあったのですが、そこまで深くは知らないです。

 

”互角の数なら、勝てる見込みがないと争わない。”最善を尽くすと書いてますが、実際はそういうことです。また、攻撃は防御よりも有効な手段と言っていたかもしれません。時代的背景も多種多様なので、面白いところです!

 

調べてみると、「勝敗は天運に任される」という考えも持っていた。戦局に対し「臨機応変(りんきおうへん)」に柔軟に対応する術もあります。

 

中国春秋時代で紀元前500年とかなり古い。

 

2017.5.17 (4)

 

 

ねぎぼうずとタンポポ

こんばんは

 

葱坊主(ねぎぼうず)を天ぷらにして食べていたブログがあって、美味しそうというか楽しそうでした。(・з・)”天ぷら”、”ふりかけ”というキーワードで考えると何でも調理できそうですね。

 

”ねぎぼうず”を見ていると、「タンポポのふわふわ」に似ていると感じました。タンポポというと食用もあったり、タンポポ茶など聞きます。しかし、”ふわふわタンポポを天ぷら”という想像はできません(笑)たんぽぽ・ネギは栄養価が高いと思います。

 

成長をみていると、ネギ科の植物も尖った先端から、丸く種子を形状するのに不思議な感じもします。買ってきて、少しだけ残して植えてみると成長します。それがいつのまにか「ねぎぼうず」になってる。

 

発見です、なんだか「ねぎぼうず」のテーマで長文が書けそうです!

 

2017.5.17 (3)

クラシックカーディーラーズ

こんにちは

 

これが本当に見ていて好きなんですよ。Discoveryのチャンネルの「クラシックカーディーラーズ」という番組です。夜寝る時間になっても連続で放映されていると、ついつい観ています。

 

メインで名車再生を主にしています。マイク&エドのコンビが中古車を買い付けて、再生して販売する。車の購入販売やパーツの調達はマイクで、修理再生はエドが行います。エドはノッポで大きいとは思ってましたが201cmもある長身でした。

 

 

 

修理工場はイギリスなんですが、アメリカへ買い付けに行ったりもしているようです。マイク(画像下)なんですが、イギリス人ぽいジェスチャーが面白いですね。この番組に登場する車は、本当に欲しくなりそうな良い名車です。初期は2500ポンドの投資ぐらいだったけれど、稼ぐうちに資金が貯まり1万ポンドの車など買ってたりします。

 

再生したらお決まりのドライブを楽しむところが羨ましい!

 

2017.5.17 (2)

スティーヴン・ホーキングと論理的宇宙論

1963年に”ブラックホールの特異点定理”を発表してから世界で注目を浴びているスティーヴン・ホーキングです。某番組を見ていると「論理的宇宙論」が取り上げられていた。

 

宇宙を旅するためには光速を超えるスピードを出す乗り物を開発するか別次元の方法しかない。そこで宇宙を旅するために開発や研究が進められています。そのひとつとして、推力をあげて移動するのではなく「空間を曲げて距離を短じめる」理論がありました。昔でいうところのワープ航法です。

 

また、宇宙船も含めたエネルギーの開発も欠かせません。核分裂を主にした現在の核エネルギーの上をいく、”核融合”が語られていました。核融合のエネルギーは核分裂と比らべても大きい。恒星1個分に相当するエネルギーをコップ1杯の容積から作り出します。そのサイズに注目し宇宙船の動力源としようという試みです。

 

さらに宇宙を旅するためには、人間の寿命との関連性も欠かせません。60光年(60年)を旅すると”親と子が伴に移動した”としても、親が残らないという結果が生まれます。ここでマウスを使った研究が話されていました。とある物質を投与したマウスと比べる。冬眠という生物にある特性を活用しようとしていました。冬眠すると血液や細胞の活動量が10%以下になるという研究です。つまり、「冬眠して旅」をするのが目的になります。

 

 

注目したのが、宇宙船の構造です。フットボール型の本体に周りを輪で包む形、ちょうどジャンボジェット機のエンジンのようなものです。フットボール型の本体に乗客や操縦者が乗ります。その周りは、”亜空間物質”と表現されていましたが、特殊な素材で宇宙船を保護する役目になります。それは宇宙船本体の時間は通常に流れ、周りを囲む素材が次元を変化させるのです。「空間を短じめて移動」論理です。これは光速のスピードに耐えられるだけではなく、その何倍も早く進む可能性を秘めているといいます。

 

かつてUFOという宇宙人の話がありますが、そのUFOに近いイメージを受けました。”葉巻型UFO”と似ています!スティーヴン・ホーキングのように論理的に進められている課題が面白いです。

 

2017.5.17

 

運動の記録と習慣性

こんにちは、ご閲覧ありがとうございます。

 

トレーニングジムへ行ってきました。火曜日に行くと決めています!過去にもトレーニングジムへ通ったことがありますが、その時には週3から週4回は行きました。「意気込み」というのか月払いでチケットを購入して体を動かそうと考えたのです。

 

今は週1回ですが、ちょうど良い感じですね。週3回行くと考えて実行していた頃は、時間帯が限られて人の込み合うことがあったりもします。習慣性(何度も繰り返して行う作業や傾向)という部分から計算されていませんがプラスに働いています。

 

 

ゆっくり伸び伸びとする余裕のある形になってます。自分の中で定番になってますが、カップのコーヒーを飲みます。しかも80円だから安いということに気がつきました(笑)

 

また、「歩く」という同じ作業でもトレーニング室で行うと異なります。怪我防止や計算して”10分”など動かせるからです。私の運動タイプはエクササイズに近いかもしれません。「動いたっ!」という内容です。

 

more Better.

 

2017.5.16 (2)

 

一日中、ゆっくりした。

こんばんは

 

一日ゆっくりすると気分が晴れます。雨模様な感じがしたのも、家にいる決心をした理由です。午前中はパソコンを変えたこともあり、データの移転作業をしながら、まったりダラダラ!

 

前記事にも書いている「豊臣秀吉」なら、どう考えて生きるのかなって考察したりもします。たぶん、負けそうになると「今に見ていろぉ〜!」とアクティブに動くんだろうと思います。逆に天下をとった後に反動が来ている気配もあるけど内緒。(笑)

 

明日は火曜日なので、トレーニングジムに行く予定で、それはそれで楽しみの1つです。ダラダラの生活じゃなくてもすることはありますね。コンビニ払いの請求書が来たら、コンビニ行かなきゃならないし、なにかある。

 

時間が経つのが早い・・・。

 

”つれづれ為るままに日暮し”とは、ちょい違う。しみじみ寂しく、心の中に穴が開いている。それが、つれづれ。季節的には、今それでしょ!(私は違うけれどね)

 

まとめると、ゆっくり1日するのは良いですね。ようこそ、日本ひきこもり協会へ!

 

2017.5.15 (2)

 

豊臣秀吉と兵糧攻め

太閤記で有名な「豊臣秀吉」について考えました。彼は木下籐吉郎、羽柴秀吉、豊臣秀吉と名前をあげています。

 

秀吉は織田家の足軽から出世をしていきますが、その前に”松平家(徳川)”に仕官しています。家来として仕えていたのか、雇われ兵士だったかは曖昧なところです。織田家にて信長の右腕のような地位まで昇り、織田信長が失脚すると天下人を目指します。

 

噂の領域では、織田信長を本能寺で殺害した明智光秀の陰謀を裏で糸を引いていたと聞いたことがあります。秀吉は織田家で出世する中でも珍しく、武勲などをあげて頭(かしら)になるというタイプではなかった。戦国時代においては、戦にて敵将を討ち取るなど武勲をたてることにより報酬を得ることが多い。

 

知略や対話術・人望に長けていたことは明らかです。しかし、織田家に仕えているときには、「殿(しんがり)」という後退する部隊の中で、見方の党首などを逃がすために時間を稼ぐ役割が多かったようです。負け戦などで死ぬ確立の高いポジションになります。そこでさえ、傷を負うことが少ないという秀吉はすごい才の持ち主だと感じます。

 

天下統一に先駆けて利用した戦術が「兵糧攻め」といいます。現代でいえば、補給路を断つ正攻法かもしれませんが、当時は異なります。武田信玄や上杉謙信のような武将では、戦う際に「礼」を用いて戦(いくさ)をします。疲れて弱った相手に「塩を送る」というぐらいです。正々堂々と勝負する武士の生き様があった。それを考慮すると、食べ物を無くし餓死させて勝利する戦略は異例の判断だったと思います。

 

徳川家康と豊臣秀吉の関係は、天下取りの障害となった。身分的に農民の出身ということで、朝廷から官位をもらうケースにおいても不利です。ここで秀吉が天下を取る前に、「徳川」という相手に対して因果があります。農民出身だから”徳川は豊臣に従わない”というだけじゃないのです。織田家に仕える前に、松平(徳川)に居たので、かつての家臣には従えないという話になってきます。

 

「平和のため、戦の無い世界を造るため、どうかお願いします!」と、勢力で上を行く”天下人の秀吉”が頼んだのです。

 

 

2017.5.15

 

The Simpsons (シンプソンズ)と映画撮影

私は寝る前にタブレットでインターネットをしながら寝落ちというパターンが増えました。昨日だったかな、「シンプソンズ」というアメリカのアニメの楽しさに気が付きました。なつかしさを覚える動画風景です。英語なんで意味が判らないというか、ジェスチャーで理解し楽しめます!

 

 

(ぼーとしている2人の少年の前に、お金が降ってきます!ギャー!ヤッホー、そして・・・。)

 

観たい方は「The Simpsons」で検索すると出てきますよ。ほのぼのしたい時などには打って付けです。

 

それでこれを観ていたら、なぜか映画や製作をしたいと感じました。私が思ったのは、アニメでなくて映画やドラマのようなものを撮りたいと浮かびます。人を集めて撮影なんて御大層(ごたいそう)なことなんでできません。(笑)ゲストで出演料などもいくらだ!

 

ひとりでも時間があるので作れるかもしれないと思います。うーん、ハイ、ある映画を参考にねぇ。映画話は別として、シンプソンズの魅力を探してみようと思います。ではでわ!

 

2017.5.13 (2)

 

徳川家康の人質時代

徳川家康という方は、幼少期に「人質(ひとじち)」として長く過ごしています。人質というのは、外交関係のある武家同士のつながりに関係していて、関係が悪化したり戦(いくさ)になったりすると切り捨てられる。

 

泣いたり叫んだりすることは「死」に繋がる恐れのある事態。常に危険と隣り合わせの精神であったと聞きます。自身の表現するという行為は許されないのです。これが徳川家康の”我慢強さ”に影響したと言われます。

 

彼の歴史を語るには江戸幕府という後世の構図が一歩祭り上げていることがある。しかし、天下を取るにあたっては、その忠義のある家臣団に恵まれたというのはあります。岡崎城主で約140年の譜代からの家臣が多くいた。それは結束が固いというメリットも含めて、裏切りがないという利点があった。織田信長や豊臣秀吉には無かった部分です。それが”粘り強さ”と重なって天下を取ることにつながったといえます。

 

私の関心ごとは、徳川家康という人物がどのように生きたのかです。「生」というものに執着した一面も伺える。年を取った家康は自分で薬を焙じて飲んでいたことは有名で健康維持を欠かせなかった。やはり人質時代に、「耐えることには生きなければいけない」という一面があったのかもしれない。

 

武田信玄の”人は石垣、人は城・・・”のような人材智生を受け継いだようにも感じられます。織田信長を考えた流れで徳川家康について考えてみました。

 

2017.5.12(3)

JUGEMブログ編集 - 人気ブログランキング

ブログの編集というか追加しただけです。「人気ブログランキング」というのを加えました。下記のようなリンクをコピーして貼っただけです。

 

定番のランキングなので安心です!

 

 

2017.5.12 (1)

 

ニコニコはじめました

こんにちは

 

「なにしよう?」というのもありますが、ニコニコ登録してみました。これは動画などもUPできるのかな!?

 

気になったのがアカウントの公開情報です。プロフィールで何か書いて、誕生日も含めたものが公開されてしまうという部分です。いじってないので分からないところ。共有設定が多そうですね。(プレミアムはまだ登録してません。)

 

 

 

カメラなどの設定もしていないし、初めてだらけで不安。ニコニコ生放送で顔は出しません(笑)”いつ放送するか?”、”何を話すか”、未定になります。ゲームしながら配信テストしたいとは思いますが、なにせ家のネットワークの回線スピードが実用的じゃないので考えどころです。(ttp://www.nicovideo.jp/user/67378773)

 

ニコニコを始めたってだけですね!またね〜

 

2017.5.11

 

 

 

織田信長と沢彦宗恩

織田信長と沢彦宗恩(たくげんそうおん)という人物。沢彦宗恩は「信長の師匠」といわれた人物で、成人後も参謀などを務めている。彼は、臨済宗の僧侶で各地を旅をして何かを得たようです。信長の師匠ということもあり、”信長”という名前を命名した人でもあります。その他有名なのが、「岐阜」という地域名の現在に由来しています。

 

戦国時代の信長や秀吉、家康を尊敬する人は多いけれど、彼らの師匠というか、”影響のある人物とは?”、誰かということに興味がありました。

 

織田信長という人物は性格に癖(くせ)があります。偽っていたのか、それとも元々の性格なのか。私が知るところによると、母親に”あまり愛されていなく”それが原因のひとつだと聞いたことがあります。幼少期も含めて、弟に愛情が注がれていたのは間違いなく事実であり、家督相続の争いの時にも弟と母が敵に回ります。

 

推論ですが、人間は一定以上の範囲を超えると変化が生じます。たとえば、母の愛を手にしたくて願うが不可能だったりすると、方向性が変わります。「なんとかしなくてはいけない」から「何かを変えてしまわなければならない」になってきます。これが信長の創造性の源のように感じました。

 

”天正4年1月、信長に誼を通じていた波多野家が叛旗を翻した。”

 

そういった事態が起こると、「変えてしまわなければいけない状態」から「変えないと存在意義が消える」となります。そこで絶対許さないという形になっているのです。ここで、沢彦宗恩が現れます。”武有七徳”という礼儀などを含めた戦場の道徳を取り上げたりします。

 

歴史は語ると面白いですね。

 

2017.5.10 (2)

 

火曜日と運動の記録

こんにちは

 

トレーニングジムに行きました。久々に行った事もあり内容は軽めで1時間ほどで終了です。20回を2セット各マシーンを使いました。ウォーカー?走るタイプのものは、10分を5キロの速度で走りました。(早歩き10分です)

 

 

 

トレーニングをしていると、体調や現在の筋力によって”心地よい種類の運動”が違います。ベンチプレスのようなものが良かったり、走るタイプが良かったりのような違いです。終わった後のシャワーが”日本人が温泉好き”のような例えに近い感じで気持ちがいい。

 

ここに来ると必ずカップの自販機で飲み物を買います!毎週火曜日にトレーニングしようと考えてます。

 

2017.5.9

 

 

 

フレグランスと空気清浄機

閲覧ありがとうございます。連打で投稿してます!書こうと思ってたことが重なっただけです・・・。

 

「空気清浄機」を購入したくて考えたのが始めです。部屋の臭いとか気になるじゃないですか?狭い部屋ですから、空っぱなしだと近所に音が響きます。その他モロモロ。

 

 

空気清浄機で高級なのがあるんですが、それが医療現場で使われるぐらい”0.001ミクロン”とかの細菌も消すとのこと。(数字は適当です)インフルエンザウィルスなども吸い込んで消してくれる。欲しいと思ったんですが高価なものなので、その仕組みの効果を見てみます。

 

塵やホコリを吸い込むのは前提ですが、注目したのは「紫外線」で菌を消滅させる。なるほど!そこで調べると、”殺菌灯”という蛍光灯のブラックライトのようなものがあります。熱帯魚の水槽用も同じかもしれません。よく見られるフィルターで空気を綺麗にする形とは根本が違います!WHOの基準で、太陽光を6時間当てると飲める飲料水に変わるのも同じ原理です。(紫外線効果)

 

なんでか興味を持ち始めたんです。

 

ロウソクの炎 or マッチの擦り消しで、消臭効果も有ると聴いたことがあります。そこで、写真のアロマキャンドルを使ってみたりしています。綺麗でしょ。論理的効果があると嬉しいです。

 

2017.5.8

今日こそ引きこもり!

生活のサイクルとして、”2日動いたら1日休む”という発想があります。5月3日、4日と歩いたので「今日こそ引きこもる」と考えてました。朝は普通に起きます。家の中の片付けでもしようと思いつき、作業に入ります。

 

「あ、あれ必要だな・・・。」

 

どうしても必要な日用品じゃないけれど買いに行く。なんというのか、天気もいい!そこで歩きます。電車やバスのような乗り物に乗っても全然OKなんですが歩きました。雨でも降ってくれたなら「引きこもりの1日」だった。

 

 

(画像はgoogle検索で見つけた「那覇市の市場??」イメージ)

 

”鮮魚”というか店先で色鮮やかな魚をみました。さすがに買わないので写メは撮れません(笑)よく南国や沖縄で普通に売られているのを見ます。しかも干からびてたり。焼いたりすると普通ぽい魚になるのですが、食べたことありませんね。

 

5月5日5時55分。

 

家に帰ります!ゾロ目が揃うと得した気分です。結局、いろいろ購入して部屋がゴチャゴチャです。しかし、天候が良いと作業やお出かけ、イベントには絶好です。今日は”子供の日”でした。またね!

 

2017.5.5

 

 

 

 

グリーンディ

こんばんは、ご閲覧ありがとうございます。

 

みどりの日。GWの中の1つです。昔は何か5月上旬の休日は、”子供の日=鯉のぼり”という記憶があります。”皐月のぼり”という藍色の鯉のぼりを見たりしてました。庭園に行ってみると、天気も良く、池に亀がいたりして、日光浴をしています。(写真2枚目)

 

 

 

 

GW(ゴールデンウィーク)というのも特に何もすることがないです!海外旅行に行かれる方も多いので羨ましい。どこに行っても混雑しているエリアだけという感じもする連休。普段お仕事をしている方にとっては、GW・夏休み・年末年始と3大休暇かもしれません。

 

ちょっとした課題として、お金をかけずに楽しめる工夫をみつけたいです。

 

2017.5.4

 

 

 

山の手線一周を歩く

おはようございます。

 

スポーツジムを探しを兼ねて歩きます。なぜか有料のジムが2階にあり、1階は飲食店という組み合わせが多い。これって、どう考えても、「運動の後に食べたくなる」という仕組み!!

 

GW連休ということもあり東京は人が少ない感じもしました。山の手線1週を目指していた訳じゃなく、歩いていると「1週」出来そう。昼過ぎから歩き、日は沈みます。

 

 

 

”どれぐらい歩いたのか?”と自宅に帰り調べてみると13.8kmです。山の手線を歩くということを考えると、1/3週したイメージです。朝方にでもスタートして、夕方には回れそうな予感。

 

昨日は、飲まず食わずで歩こうと考えてましたが、帰りに少し食べてしまった!Lowカロリーのうどん15kcal。それが機転となり、出発時の試みは崩れました。これは、これは大失敗です。食べたうどんが腹の中で3分で消化しているぐらいの感触です。美味しそうなロースとビーフ丼まで買ってきました。

 

スポーツジムは連休明けて、火曜ぐらいから考えてます。

 

”制約と誓約”、条件をつけて制限すること&誓って約束すること。食事は条件をつけて制限しようかと思います。誓って約束することはありません(笑)もうこれで大丈夫です!

 

2017.5.4

 

がらくた市

日曜日は競馬の「天皇賞(春)」を買いに行きました。武豊さんは天皇賞にこだわりがありそう!頑張るよ。レースは序盤から面白い展開です。先頭が7馬身8馬身逃げます。このまま逃げ切って欲しいところでしたが、天皇賞は距離が長いです。

 

ラストにキタサンブラック(武豊)追い上げて1着。人気馬サトノダイアモンドは、出だしが遅れたのかもしれません。配当は枠連10倍ほどの結果になります。キタサンブラック連覇です。

 

 

 

 

15:40分にレースなので、その間は移動してました。「ガラクタ市」が開催されています。クリムトの複製画など展示されてます。骨董品が好きな方には堪らないエリアでしょう。私も昔は好きだったんですが、現在はそこまで気になりません。

 

馬券売り場に行くと、自販機の無料の緑茶を飲みます!感動です!品質が向上したのか、普通に120円ぐらいの商品と同じぐらい美味しくなっていました。

 

季節も変わり、5月の始まりです。

 

2017.5.1