Link :WordPress Blog (新しく製作してるブログ)

【最新】
---------------------------------→

MARCH OF EMPIRES - 所属同盟の衰退 (5)

「MARCH OF EMPIRES」というゲームの内容。ハマると面白いゲームですが、飽きやすい側面も多い。

 

 

あらすじ

 

ゲーム内に存在する王国を成長させて強くするシュミレーションゲーム。ある同盟(ギルド)に加入して約2週間が経ちました。同盟は、戦闘でエリアを拡大させて、最大保持数である20のエリアを持っている。そして、元々居たリーダーは、強くなるため旅立っている。私は、裏切り事件の後、”盟主、将軍、外交官、公爵、監督官・・・”という地位の中で、将軍をしている。

 

出来事

 

隣国と衝突があったようだ。詳しくは判らないが、攻撃したのか、攻撃されたのか、事件があった。そこでサブリーダーが負傷している。戦力ダウンだ。一時期は交戦状態でしたが、停戦している。ゲーム内では、ハロウィンイベントが終わって、NPCの敵はバイキングに変わった。

 

衰退

 

我が同盟は、やや強国に囲まれた地域で、中央への扉も遠い。私の中では、同盟は衰退しているようにも思えます。リーダー不在、サブリーダーは敗れて回復中。20名近くいるメンバーの内で戦力となるのは、恐らく1人。過疎(かそ)するかのように人口率が少ない。

 

目標

 

活動エリアで与える「影響力」という面では16位。目標としては、城レベルの高いものを攻略していきたいところでしょう。

 

ゲームプレイ

 

私自身は、ゲームをしている中で、攻略法のようなものを少しずつ発見している。「同盟(ギルド)」の行方は分からないが、個人の成長方法は、およそ理解している。これが判ってくると面白い。策略の多いゲームで、その中身は良くわからない。チャットウィンドウを除くためか、スパイとして入団する人も多い。

 

そして、「彼らは、私たちのレギオン」とサブリーダーがチャットで言っていた。数日前まで、トップ同盟(ギルド)の連中が個人攻撃してきたのだが、それが無くなるようだ。絶対勝てない相手からの攻撃が無くなるというのは嬉しい。

 

しかし、侵略イベントの際、「そのトップ同盟を倒す」、というのが命題だったような記憶もある。いつまで続くことが出来るのでしょうか?

 

2017.12.14

 

自給自足 - えのきだけ

ネギの根元を残して、鉢に植えると何度も成長して伸びます。「自給自足」といいますか、エコロジーな暮らしです。そこで、「えのき茸」も成長して再生するのかテストしてみました。日陰に水を差して放置していると伸びました。面白いですね。

 

 

2017.12.09

真田幸村 - 上田城

数日前、「小田原城」に行って、歴史感に触れたことを思い出す。

 

文禄4年 1561年 上杉謙信に小田原城を攻められるも、篭城戦で退ける。

文禄12年 1569年 武田信玄に小田原城を攻められるも、篭城戦で退ける。

 

改めて思うと、すごい城と北条家の歴史。そこで戦国時代つながりで、「城」に興味が出て来ました。そして「六文銭」の真田幸村、上田城までのルートを調べる。

 

アクセス(真田幸村 上田城)

 

東京・上野から、JR高崎経由にて「上田駅」下車、新幹線で90分。上田城周辺のぐるっと上田丸バス(1時間に2本)で30分ほどのようです。新幹線込みで電車賃5000円、バス100円。

 

信州上田の観光も良さそうだと思ったけれど、季節的に4月下旬の桜か、もう少し早い11月の「けやき並木」の時期がいい。ちなみに、JRローカル線で行くと、合計4時間ぐらい掛かる距離。(車、片道2時間半)

 

遠い

 

機会があったら行きたいですね。歴史的な話をすると、真田家の評価が高いのは、徳川が戦で負けたことから、「徳川より強い」という、江戸幕府の歴史的な改ざんもあります。当時の徳川は、旧武田(騎馬)軍を継承しているから、強いことは強い。そこから、「真田十勇士」のような小説(書き物)で江戸時代以降、有名になります。

 

その負け戦、大阪夏の陣の豊臣秀頼側の逸話も面白い。真田幸村という人物については、実は「真田十勇士」の架空の人物説もあるぐらい。真田信繁は存在しているが、改名している真田幸村(信繁)という名が無いと聞いた。後世の軍記物(小説)と混在している箇所がある。

 

「日本一の兵(つわもの)」とまで称された武将です。

 

2017.12.4

 

 

MARCH OF EMPIRES - 同盟内の出来事 (4)

”MARCH OF EMPIRES”というゲームの話題です。

 

裏切り

 

5日前に「同盟(ギルド)」に参加した私。7名だった同盟は14名ぐらいまで増えたり減ったりしている。その影では、スパイのようなプレーヤーが同盟に入ってきて、メールで「一緒に、こんな同盟抜けましょう?」と囁く。

 

同盟の中には、階級システムがあって、盟主(機法⊂軍(供法管理役(掘法ΑΑΑ△澆燭い紡減澆靴泙后戦力に応じて、降格や昇格があるのですが、思ったより敏感になるプレーヤーが多い。

 

除名

 

そこで、「降格」されると、同盟を抜けるプレーヤーがいます。今回の「裏切り」は、入って高い地位のプレーヤーが裏切り、低ランクの役職のプレーヤーを除名した。つまり、リーダーに断ることなく、勝手にメンバーを同盟(ギルド)から脱退させた。この時に、およそメンバーが14から10名ぐらいになる。

 

そして、その直後、盟主は「裏切り者(スパイ)」と思われる者など、2〜3名を除名。ここで、14名ぐらいのメンバーから再度8人ぐらいに減少した。

 

同盟領地

 

同盟には「首都」と呼べれる領地が最大20個まで確保できる。ほぼ最大値の20個は確保しています。ただ、首都レベル(キャッスル)1〜7の種類があります。(資源の豊かさ等の違い)

 

ゲームは、この首都レベル1から攻略していくのですが、中央に進むにつれてレベルが上がる。中央の「王座の間」等を攻略すると、「皇帝」になれる仕組み。ゲームの流れで、同盟としては、中央に向かうイメージです。日本の戦国時代でいう「京へ上る」に近いです。

 

ゲームプレー

 

私のゲームプレイは、「戦わない」で開発するタイプになってきている。そのため、戦争で「援軍要請」とか非常に困ります。軍が全滅すると、再生にリアル時間で3〜5日はかかる。もちろん、その間は軍が居ないか、縮小されているので、資源集めにも行けません。なんとか無事に過ごしていますが、同盟の今後はどうなるのでしょうか。

 

また、戦国時代で例えるなら、上杉や北条家のような状態。関東や上越を制しても、京には上がれない。真田家ぐらいの地位でしょう。なかなか同盟(ギルド)も面白いですね。その他、単純ですがイベントもホイホイあって、変化が多少あります。

 

2017.12.4

 

 

熱帯魚ベタの様子

熱帯魚を買ってきて1ヶ月が経ちました。水槽を洗うときに、入れた様子です。元気に生きてます!

 

 

現在は、水槽は100均で購入した「500円の虫入れ用水槽」(笑)海で拾った「丸石」を入れたりしてます。アクアニュウムにできたら嬉しいところ。”ミナミヌマエビ”、”ヤマトヌマエビ”という苔(コケ)を食べてくれる小型エビも欲しい。

 

2017.12.3

インフォームド・コンセント - 死の砂時計

インフォームド・コンセント(informed consent)という言葉があります。ガンなどの難病にかかり、「正しい情報を得た・伝えられた上での合意」をして医師と治療をしていくことがある。30代、40代と思われる男性が「余命1年」と診断される。

 

そんなドキュメントを見た。

 

こういう話題は倫理的に書いて良いのか判りませんが、心に訴えるものがありました。”仕事をしていて、人生これからだ!”という中で、突然の目眩(めまい)が起こったという。ドキュメントは「どうやって生きたら良いのだろう?」という内なる部分から切り出します。医師による”説明と合意”によるガン治療。

 

インフォームド・コンセント=説明と同意

 

1997年に医療法が改正され、医療を受ける患者側が「すべてお任せします」といって、治療方針を十分に理解せずに、署名だけする形も不適切なことになっている。

 

ドキュメントでは、余命1年の方の「心の問題」「治療内容」が取り上げられている。昔ドラマにあった「世界の中心で愛を叫ぶ」のような病気との闘いだった。

 

”医療や治療方針の問題”、”患者の人生の問題”が心に深く刻まれた。

 

2017.11.30

 

 

交響詩篇エウレカセブン

懐かしいと思いながら見ていた作品です。2005年放送の開始とあったので、12年も前の映像です。私のファーストインパクトは、「未来少年コナン」に似ていると感じた。

 

 

空をサーフィンのように舞うイメージシーンがとても好きで見ていました。主なストーリーは、少年と少女が出会い、そして未来に向かう。主人公レントン、少女エウレカのお話になります。エウレカは特殊部隊エス・オー・エフ(SOF)のメンバーで暗い過去を背負っています。そんな軍の犬のような生活から抜け出すために、SOFメンバーは経ち上がった。サブタイトルの表記がどことなく良かった。

 

ブルーマンデー

ブルースカイ・フィッシュ

モーション・ブルー

ウォーターメロン

 

「自由を求めて進む!」というコンセプトな気配もありますが、たまにおバカな場面もある。私が今回観ていたのは、アネモネという宿敵の登場場面で、「私のそっくりさん、こんにちは」という名台詞があるところです。機会があったら、見たい作品ですね・・・。

 

2017.11.30

続きを読む >>