Link :WordPress Blog (新しく製作してるブログ)

【最新】
---------------------------------→

オフ会 - 大井競馬

オフ会に参加させて頂きました。場所は東京の「大井競馬 (東京シティ競馬場)」です。夕方からの集合だったので、そのまえに焼き鳥を食べながら大井埠頭へ行った。天候は快晴で、家を出てから上着が暑く感じるほどです。

 

 

画像が多めなので、続きからどうぞ!

続きを読む >>

コンデジと熱帯魚

こんばんは、お越しくださいありがとございます!コンパクトなデジカメを買ったので散歩を兼ねて撮影しました。外景も秋の趣(おもむき)が見えてきた。

 

 

 

 

 

 

昨日はペットショップへ「フィレット」を見に行く、そこでは熱帯魚コーナーもあって、よく観賞しています。そこで帰りに”ベタ”という熱帯魚を購入しました!

 

デジカメのテストと言っても、日が沈みかけると暗くなり、シャッター速度を低速にしないとブレてしまう。枯葉、月などを撮ってみました。バードウィッチングというか、鳥を撮影したいですね。

 

2017.11.2

 

 

湯豆腐と白菜鍋

本日晴れだったけれど寒かった。夕食は湯豆腐が食べたいと思って自炊しました。

 

 

【白菜と豚肉入り湯豆腐】

 

材料:

 

白菜 1/4カット

絹ごし豆腐 1丁

豚肉 - 細切れ 198g

 

白菜の購入は、自炊では久しぶりです。シンプルに白菜と豆腐だけをイメージしたんですが、購入時に「豚肉が安く」あったのでオマケで追加しました。調理は簡単で白菜&豆腐のカットだけで鍋に入れるだけです。

 

美味しそう!

 

2017.10.30

星座のイベントとハロウィンの日々

こんにちは

 

はじめに場所は青山で「星座百景」というアイドルグループのイベントに行ってきました!

 

続きを読む >>

大切なのは生きた年月ではなく、その年月にどれだけ充実した生があったかだ。

今日、注目した言葉

 

It’s not the years in your life that count. 
It’s the life in your years.


”大切なのは生きた年月ではなく、その年月にどれだけ充実した生があったかだ。”
アブラハム・リンカーン

 

第16代アメリカ合衆国大統領のリンカーン。この方の生きた時代は約1800年代から1860年で、アメリカ開拓時代。両親は無学な開拓農民であったとされ、彼が7歳の時に家族が、貧困と奴隷制度のために、自由州であるインディアナ州スペンサー郡へ引越しをしている。

 

当時のアメリカには、自由州という奴隷の無い州と、法律上で奴隷が認知されていた奴隷州がまだ残っていた。

 

「大切なのは生きた年月ではなく、その年月にどれだけ充実した生があったかだ。」というのは驚嘆するところで、「人民のための人民の政治」のように、本質的な意味合いを述べる箇所が私は好きです。彼には名演説がかなり残っている。

 

リンカーンの宗教観の中には「宿命論」を信じたとされる書籍があり、”人の心は高い力によって制御されるべきだ”ということを主張する信念であった。生まれたからには、宿命としてするべきことや全うするべきことが決められている。

 

本題は、日本風で「帯に短し襷に長し」ですね。

 

2017.10.27

 

 

本当の保守党

選挙後ということで、政治的な内容になります。

 

私は、田原総一郎さんのブログ内の記事を読んで考えました。『なぜ、日本に本当の「保守政党」はないのか?』というタイトルの部分です。政治の均衡や在り方なども含めた話題ですが、二大政党制の”保守とリベラル”について語られています。

 

そこでは「保守」という自由主義経済で小さな政府を基本とした政策を掲げた政党と、「リベラル」という社会保障を擁護する(手厚くする)軸を掲げた政党が交互に政権を取ることによって、国家のバランスが保たれるといいます。補足すると、保守は現状維持も含めた、今の状態や政策を保つタイプで、それに対してリベラルは改革派になります。新しいことをチャレンジしていく形です。

 

なぜ、国家のバランス機能として、日本では二大政党制がイギリスやアメリカのように政権交代がないかを考えると、ひとつは選挙制度の中にみられるように思えました。

 

かつては中選挙区という、現在の小選挙区と異なっていた時代があります。そこでは、ひとつの選挙区で複数人の当選者がいました。中選挙区制度は、各選挙区における公平さや選挙資金に関わる闇献金問題の面があって、小選挙区へと変わります。

続きを読む >>

ぼっちで深夜徘徊

ぼっちで深夜徘徊しました。ひたすら歩く!今回は、思いつきで、行動に出ました。

 

 

 

夕方の17時から都内をスタートして埼玉県まで歩きました。都心を離れて、大きな高架橋を渡るのですが強風と小雨で、とても寒かった。風の強い場所を離れると、歩いているということもあり寒さは平気。

 

そして、19時あたりから、酒を飲みながら歩く。ひたすら歩く。

 

歩き続けると思ったのが、帰りの事ですね。「4時ぐらいから電車あるのだろうか?」というのを思い浮かべた。深夜21時を過ぎて、たまたま駅を見つけて、帰宅しました。それでも4時間30分も移動し、恐らく歩いたのは15km程度の距離です。

 

ここでもハロウィンの可愛らしい風景をみつけます。

 

2017.10.25